平成29年九州北部(福岡県・大分県)の豪雨災害「災害派遣等従事車両証明書」の発行

2017年10月12日 登録

被災地支援等を目的とする車両に対して「災害派遣等従事車両証明書」を交付

平成29年九州北部(福岡県・大分県)の災害に際し、被災地支援等を目的とする車両(対象車両は外部リンク参照)に対して「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。

高速道路等有料道路の料金所を出る際に、本証明書を料金所に御提出いただくことによって、有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。

期間

平成29年7月8日から平成29年12月31日まで
(変更前の期間は平成29年9月30日まで)

対象車両

災害救助を行うボランティア活動に関する車両であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものなど
(注)詳細は、外部リンクをご覧ください。

対象道路

東日本高速道路、首都高速道路、中日本高速道路、阪神高速道路、西日本高速道路、本州四国連絡高速道路株式会社等が管理する道路

証明書の手続き(ボランティア活動に関する車両)

  1. ボランティア希望者(申請者)が、福岡県・大分県内市町村災害ボランティアセンターに対して、災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア申証明書を提出する。
  2. 災害ボランティアセンターは、申請者がボランティア活動に従事する予定であることを確認、文書に押印し、ファクス等で回答する。
  3. 申請者が関係資料を添えて、最寄りの市町村に「災害派遣等従事車両証明の申請書」を提出する。
  4. 市町村が「災害派遣等従事車両証明書」を発行する。

(注)詳細は、外部リンクをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。