「調布deバスケ2017」が開催される

2017年9月1日 登録

調布駅前にバスケットボールコートが出現

調布市を中心として多摩地域で活動しているプロバスケットボールチーム「東京サンレーヴス」が、平成29年8月26日に調布駅前広場でイベント「調布deバスケ2017」を開催しました。

イベントではクラブPRブースに加え、FIBAライセンス(JBA公認S級資格相当)を持っているヘッドコーチによるクリニック、観覧者参加型イベント、クラブ専属のチアガールズのパフォーマンス、そして2020年東京パラリンピックで調布市が会場の車椅子バスケットボールのクリニック、クラブ所属選手・招待チームによる2020年東京オリンピックの正式種目となった3人制のバスケットボール3対3の模擬ゲームなどが行われました。

当日は調布駅前広場に専用のシートとバスケットゴールを設置し、1日限定のバスケットボールコートが出現しました。

駅前広場に出来たバスケットボールコートの写真多くの方が観戦している様子の写真

途中、あいにくの雨による中断もありましたが、3×3(スリーバイスリー)の模擬ゲームでは、体を張った激しいプレーやゴールに観ていた人達から歓声があがりました。

迫力ある選手たちのプレーの写真子ども達が体験する様子の写真

そのほか、子ども向けプロヘッドコーチによる無料クリニックでは、小さな子どもから小・中学生まで、大勢の方々がバスケを楽しみました。

車いすバスケットボールの写真チアリーディングの写真

また、車いすバスケットボールイベントやプロクラブ専属チアガールズによるパフォーマンスで会場を盛り上げました。

選手たちの写真選手たちの集合写真

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。