北朝鮮の核実験強行に抗議する決議を満場一致で可決

2017年9月6日 登録

北朝鮮の核実験強行に抗議する決議を満場一致で可決しました

平成29年9月6日、平成29年第3回調布市議会定例会において、平成29年9月3日に北朝鮮が実施した核実験に対し、「北朝鮮の核実験強行に抗議する決議」を全会派共同提案による議員提出議案として提出し、満場一致で可決しました。

北朝鮮の核実験強行に抗議する決議

平成29年9月3日、北朝鮮が過去最大規模の核実験を実施した。
この暴挙は、先般の弾道ミサイル発射と並び、我が国を含む世界の平和と安定に対する重大かつ新たな段階の脅威である。
また、こうした行動は、国連安保理決議へのたび重なる明白な違反であり、国際的な軍縮・核不拡散に向けた取り組みに逆行するものである。唯一の被爆国の国民として、断じて容認できない。
調布市議会は、昭和58年に「調布市非核平和都市宣言」を決議し、核兵器の廃絶と悲惨な戦争や紛争のない平和な世界の実現を市民とともに希求しており、これまでも北朝鮮のたび重なる核実験に対し、さまざまな手段によって抗議の意思を表明してきたところである。
よって調布市議会は、北朝鮮に対して、今回の核実験強行に厳重に抗議するとともに、全ての核を即刻放棄し、関係諸国との対話を誠実に行い、国際社会の一員として世界の恒久平和実現に向けて取り組むよう強く要請する。

以上、決議する。

平成29年9月6日
調布市議会

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議会事務局
電話番号:042-481-7291~4
ファクス番号:042-481-5119

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。