甲冑・姫衣装を着て時代劇俳優なりきり体験

2017年9月13日 登録

映画のまち調布 シネコンオープン記念

映画やテレビで使われた甲冑や姫君衣装を着用して、石田三成陣営をイメージしたステージやブルーバック合成撮影ブースで写真撮影ができる「映画のまち調布」ならではの体験イベントを開催します。
映画「関ヶ原」で使用された甲冑等の展示や市内映画・映像企業スタッフによるトークショーもあります。
また、司会とゲストには調布が地元の石原プロモーションから石原軍団の若手俳優さんたちが出演予定です。

開催日・時間

10月1日(日曜日)午前10時から午後4時まで

会場

文化会館たづくり1階エントランスホール

費用

無料

主催

公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団、調布市

着付け体験の写真

甲冑・姫衣装着用体験(簡易体験)

服の上から簡単に着られる簡易型甲冑、姫衣装は事前申込不要、当日参加ができます。本格体験と同様にステージやブルーバック合成撮影ブースで写真が撮影できます。

  • 受付時間 10月1日(日曜日)午前10時から午後4時まで
  • 受付場所 文化会館たづくり1階エントランスホール南側スペース
  • 体験時間 約15分

トークイベント

調布市を代表する映画人によるトークイベントです。司会とゲストには、調布が地元の石原プロモーションから石原軍団の若手俳優さんたちが出演予定。

  • 日時 10月1日(日曜日)午後1時から2時まで
  • 会場 文化会館たづくり1階エントランスホールステージ
  • 司会 金児憲史(株式会社石原プロモーション)
金児憲史氏の写真

展示

市内映画・映像企業の株式会社ジャンゴフィルムが制作、高津装飾美術株式会社が美術を担当した映画「関ヶ原」で使用した大砲、甲冑等を展示します。
また、同じく市内企業の株式会社アーク・システムが朝方と夕暮れのイメージを照明で表現します。
映画のまち調布の歴史についてもパネルや年表で紹介。「映画・映像がつくられるまち」ならではの展示です。

  • 期間 9月29日(金曜日)から10月9日(月曜日)まで
  • 時間 午前8時30分から午後9時30分まで
  • 会場 文化会館たづくり1階エントランスホール

問い合わせ

公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団コミュニケーション課
電話 042-441-6171

展示イメージの画像

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。