市民税・都民税の税証明書の申請方法と交付場所

2018年7月11日 更新

市民税・都民税の税証明の種類

市民税・都民税の税証明の種類と内容
税証明の種類 税証明の内容等
  1. 市民税・都民税
    課税(非課税)証明書
  2. 市民税・都民税
    所得証明書
年度毎の、所得・控除・税額を証明します。
(注)市民税・都民税が課税されているか非課税かによって課税又は非課税証明書を交付します。
  1. 納税証明書
課税された税金及び既に納めた額を証明します。

納税証明書と課税(非課税)証明書の違いについては次のリンクをご覧ください。
納税証明書と課税(非課税)証明書の違い

証明年度と申請する市区町村

証明年度

住民税(市民税・都民税)は、前年の所得と控除をもとに算定されます。
そのため、証明する期間は、その前年の1月1日から12月31日までの間となります。

申請する市区町村

該当年度の属する年の1月1日に住民登録のある市区町村で交付いたします。
例えば、平成30年度の証明書は、平成30年1月1日に住民登録のある市区町村で交付いたします。
(注)例外的に、住民登録地とは別の市区町村で課税されている方は、課税されている市区町村でその年度の証明書をお取りください。

税証明を調布市で交付できる基準

交付できる方(所得の申告がお済みの方)

該当年度の属する年の1月1日に調布市で住民登録があり、次の1から4のいずれかに該当する方 

  1. 市民税・都民税の申告又は所得税確定申告をした方
  2. 勤務先から市へ年末調整をされた給与支払報告書が提出されている方で、他に所得がなかった方 
  3. 収入が公的年金のみの方で、年金の支払先から市へ公的年金等支払報告書が提出されている方
  4. 市内に居住されている方の扶養控除対象となっている方(配偶者又は扶養親族)

交付できない方(所得の申告がなされていない方)

調布市に住民登録がある方でも、当市で税情報を把握していない場合(未申告)、住民税の申告をしていただかないと税証明の交付ができません。申告状況が不明な場合は、市民税課までご連絡ください。
なお、市・都民税申告を行った場合、税証明書の発行は、最短で申告日の翌々営業日以降となります。

税証明申請方法

次の4つの方法での申請が可能です。

  1. 窓口での申請(市民税課の税総合窓口・神代出張所・深大寺地域福祉センター・市民プラザあくろす)
  2. 自動交付機での申請
  3. 郵送による申請
  4. 電話予約申請
    (注)電話予約の場合、月曜日から金曜日までの午前9時から正午まで及び午後1時から4時まで(祝日と12月28日から1月3日までを除く)の間に市民税課へ電話でご申請ください。予約を行うと、平日の時間外・土曜日・日曜日・祝日に市役所本庁舎1階の庁舎管理室で受取りができます。
    市民税証明書等の電話予約サービスについては次のリンクをご覧ください。
    市民税証明書等の電話予約サービス

窓口・自動交付機の場所及び時間と必要書類

次に記載している窓口又は自動交付機で発行できます。
(注)自動交付機では、「市民カード」登録者本人の最新年度の証明書のみ発行いたします。御家族の証明書は発行できませんので、ご注意ください。

窓口

窓口の交付場所と交付時間
交付場所 交付時間 
税総合窓口
(市役所本庁舎3階市民税課)
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで
土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く。
神代出張所 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで
土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く。
深大寺地域福祉センター 月曜日から金曜日 午前9時から午後4時30分まで
土曜日・日曜日・祝日・第4月曜日・年末年始を除く。
市民プラザあくろす 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時まで
土曜日・日曜日・祝日・第3月曜日(休日の場合は直後の平日)・年末年始を除く。

申請に必要な書類

窓口での申請に必要な書類
申請者 必要書類等
本人又は同居している家族
  1. 市民税証明交付申請書(窓口に用意してあります。)
  2. 身分を証明できるもの(自動車運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、身分証明書等)
  3. 印鑑(認印可)
  4. 手数料(一通につき200円)
代理人
  1. 市民税証明交付申請書(窓口に用意してあります。)
  2. 身分を証明できるもの(自動車運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、身分証明書等)
  3. 印鑑(認印可)
  4. 手数料(一通につき200円)
  5. 委任状(証明が必要な人の自署と押印があるもの)

(注)代理人の方が申請する場合、次のリンクをご覧ください。委任状もダウンロードできます。
個人市民税証明の代理人による交付申請

自動交付機

登録者本人の市民カードと手数料(一通につき200円)をお持ちください。
(注) 市民カード登録者本人の最新年度の税証明書以外交付できません。

自動交付機の設置場所と稼働時間
設置場所 稼働時間
市民課前
(市役所本庁舎2階)
月曜日から金曜日
午前8時30分から午後5時まで
土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く。
庁舎管理室前
(市役所本庁舎1階)
午前8時30分から午後8時まで
年末年始・機器メンテナンス日等を除く。
神代出張所 月曜日から金曜日 
午前8時30分から午後5時まで
土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く。

郵送での申請

市外へ引っ越した方等で、窓口及び自動交付機での申請が困難な方は、郵送でご申請いただけます。
郵送では、次の3つの証明書が申請できます。
(注) 郵送で申請する場合、ポストにご投函いただいてから証明書を送付するまで、一週間ほどかかります。お急ぎの場合は窓口をご利用ください。

  1. 市民税・都民税課税証明書
  2. 市民税・都民税非課税証明書
  3. 市民税・都民税所得証明書

郵送の際にご送付いただく書類

郵送の際にご送付いただく書類
申請者 ご送付いただく書類
本人・同居している家族
  1. 申請書
  2. 本人を確認できる証明書の写し(自動車運転免許証、健康保険証、身分証明書等)
  3. 切手を貼った返信用封筒(送付先の宛て名もご記入ください。)
  4. 郵便局の定額小為替(一通につき200円分)
代理人
  1. 申請書
  2. (代理人の)本人を確認できる証明書の写し(自動車運転免許証、健康保険証、身分証明書等)
  3. 切手を貼った返信用封筒(送付先の宛て名もご記入ください。)
  4. 郵便局の定額小為替(一通につき200円分)
  5. 委任状(証明が必要な人の自署と押印があるもの)

(注)郵便局の定額小為替は、必要通数分の金額記載分の定額小為替が必要です。
例えば、税証明書が5通必要な場合は、1,000円分1枚で構いません(200円分を5枚でも申請可能です)。

申請書の用紙と書き方

次の1から7を便箋やレポート用紙等に全てご記入ください。ご記入いただく紙の種類に規定はありません。また、次のダウンロード文書を印刷してご記入いただくことも可能です。
市民税証明交付申請書(160KB)(PDF文書)

申請書に記入いただく7点

  1. 「市民税証明交付申請書」
  2. 調布市にお住まいの時の住所
  3. 現住所
  4. 日中連絡のとることができる電話番号
  5. 氏名(ふりがなをつけて、氏名の後に印鑑を押してください。)
    (注)名字に改姓があった場合は、旧姓も記入ください。
  6. 生年月日
  7. 必要な証明年度、必要な証明とその枚数

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民税課
電話番号:042-481-7191~7
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。