第13回高校生フィルムコンテスト in 映画のまち調布を開催

2017年10月31日 登録

第12回高校生フィルムコンテストin調布の写真

高校生フィルムコンテスト in 映画のまち調布とは

高校生が自主制作した映画作品のうち、第一次審査を通過した作品を上映し、映画業界のプロが審査し、最優秀賞などを決定します。
今年は、市内外の高校から計13作品の応募がありました。コンテストでは、第一次審査を通過した作品を上映します。友情あり、笑いあり、涙ありの高校生の青春あふれる作品を是非大画面で鑑賞ください。
入場無料でどなたでもご来場できます。

イベント名

第13回高校生フィルムコンテスト in 映画のまち調布

開催日時

平成29年11月5日(日曜日)
午後1時から5時まで(予定)

開催場所

調布市文化会館たづくり「くすのきホール」

上映作品(第一次通過作品)

都立調布南高等学校 3年B組 「エンドレスゲーム」

学校内で謎の男に追いかけまわされる7人の3年B組の生徒たち。次々と捕まる仲間をみて、残された2人の3年B組の生徒は、仲間を助けるために協力し、行動に出る。

果たして、7人の3年B組の生徒たちの運命はどうなるのか!

都立調布南高等学校 3年E組 「ReLIFE 人生もう一度やり直してみませんか」

苦労して入った会社を3ヶ月で退社し、人生に挫折した27歳の主人公が高校生に戻って人生をやり直す物語。出会うはずのなかった高校生との出会いで、大人になって忘れてしまった「一歩踏み出す勇気」を思い出して、人間として成長していく。

都立調布南高等学校 3年F組 「僕、実は」

大好きなあの子に想いを伝えたい僕。友人に協力してもらいながらサプライズを繰り返す。

まっすぐな主人公を応援したくなるようなラブコメディー。

明治大学付属明治高等学校 映画部 「Again & again」

写真部に所属する祐也は夏休みの部活合宿に来ていた。写真以外に全く興味のない祐也は、ファインダー越しに出会った少女、慧と過ごすことで今までにない感情を抱きつつあった。

しかし、彼女には秘密があった。祐也は彼女に想いを伝え、彼女を救うことができるのか?

都立松が谷高等学校 映像研究部 「褪日 君に伝えたかった言葉」

「アセビ」の花言葉は、「献身」、「犠牲」、「2人で共に」

高校時代に事故で親友を亡くした守元紫苑。3年後、紫苑は母校で不思議な銅像アルに出会う。

アルの力によって、紫苑は過去に戻る。「アル、見ててくれ。俺がヒーローになる瞬間を。」

神奈川県立藤沢清流高等学校 三角組 「ReSTART!」

高校1年生の望月裕子は演劇バカである。だから、高校で演劇部に入ろうと決意していた。しかし、入ろうとしていた演劇部は既に廃部となっていた。

ここで諦める望月ではない。新たに演劇部を作るため、望月は部員5人と顧問を探し始める。そして集まったのは、幼馴染の小森由美、脚本担当の石岡梨恵、演出の西本龍馬だった。果たして、公演を成功させることはできるのだろうか?

審査員 

  • 本広克行(もとひろかつゆき)様 映画監督
  • 髙寺成紀(たかてらしげのり)様 プロデューサー 
  • 北澤弘之(きたざわひろゆき)様 撮影技師
  • 吉角あけみ(よしかどあけみ)様 メイク
  • 中村光宏(なかむらみつひろ)様 イオンシネマ シアタス調布 総支配人 

その他、映画に関するワークショップやイベントなどの情報は、「調布市観光協会」ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 産業振興課 商業観光係
電話番号:042-481-7183・4
ファクス番号:042-481-7391

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。