ブルキナファソナショナルデー記念プログラムin調布を開催

2017年12月20日 登録

西アフリカの国「ブルキナファソ」の独立記念日を祝って、調布市で開催

ブルキナファソの独立記念日(12月11日)を祝って、平成29年12月7日(木曜日)に文化会館たづくり大会議場でナショナルデー記念プログラムを開催しました。昨年度は、調布市で駐日ブルキナファソ大使館が料理教室を開催し、今回は2回目の交流事業でした。

式典では、駐日ブルキナファソ大使館のイネス・バキオ臨時代理大使と調布市長によるスピーチが行われ、イネス・バキオ臨時代理大使から民芸品をいただきました。

イネス・バキオ臨時代理大使によるスピーチの写真民芸品を受け取る調布市長の写真

会場内にはブルキナファソの民芸品の展示もあり、文化を感じることができました。

民芸品バオバブの木の写真木琴バラフォンの写真

「工房ばーちゃわーるど」の亀田誠さんが制作したミニチュア模型を展示しました。
調布市が東京2020大会の開催地であることから、東京2020大会参加予定国206か国のシンボルを模型化した数多くの作品で、盛り上げていただきました。
ミニチュア模型の中にはブルキナファソの国母とされるイエネンガ姫の展示もありました。

206か国のミニチュア模型の写真日本のミニチュア模型の写真

イエネンガ姫のミニチュア模型の写真ブルキナファソのミニチュア模型の写真

西アフリカ音楽グループのAha3deによるバラフォン(木琴)、バラ(瓢箪太鼓)、ジャンベ・ドゥンドゥン(太鼓)などで奏でるブルキナファソの音楽に合わせた吟詠吟舞錦凰流三代目荒井龍凰さんの踊りが披露されました。

荒井龍凰さんのお祝いの舞の写真荒井龍凰さんが踊っている写真西アフリカ音楽グループが演奏する写真ブルキナファソの音楽に合わせて踊っている写真

駐日ブルキナファソ大使館から贈られた民芸品は、調布市文化会館たづくり9階国際交流協会の事務室に展示してありますので、ぜひご覧ください。

大使館からいただいた民芸品の写真ブルキナファソを紹介する写真

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
電話番号:042-481-7139
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。