災害時に支援が必要な方の名簿作成

2018年1月5日 更新

市では、災害対策基本法の改正に伴い、災害時の避難行動に支援が必要な高齢者や障害者などの避難行動要支援者の名簿を作成しています。また、名簿の対象者のうち、同意を得られた方の名簿情報については、平常時から避難支援等関係者に提供し、日頃からの交流を通じた、災害に対する助け合いの体制作りを進めます。

対象者

  • 75歳以上の一人暮らし又は75歳以上のみの世帯の者
  • 介護認定区分が要介護1又は2で、一人暮らし又は同居の家族が75歳以上の者
  • 介護認定区分が要介護3から5の者
  • 身体障害者手帳1から3級の交付を受けている者、視覚障害4から6級の身体障害者手帳の交付を受けている者、聴覚障害4から6級の身体障害者手帳の交付を受けている者
  • 愛の手帳の交付を受けている者
  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級の交付を受けている者
  • 自ら支援を希望する者等、名簿への掲載を求める者の中で、市長が必要と認める者

名簿に記載する項目

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 世帯主名
  • 電話番号その他連絡先
  • 避難支援等を必要とする事由(対象となる要件)
  • 避難行動要支援者から支援組織に申し伝えたい事項

平常時から名簿情報を提供する避難支援等関係者

  • 調布警察署   
  • 調布消防署 
  • 調布市社会福祉協議会
  • 調布市の民生委員・児童委員 
  • 調布市消防団
  • 調布市内の防災市民組織 (市と協定を締結した組織にのみ提供します)
  • 調布市内の自治会・地区協議会・自治会連合協議会・マンション管理組合(市と協定を締結した組織にのみ提供します) 

名簿情報の適正な管理

名簿情報の提供に当たっては、避難支援等関係者と協定を締結し、個人情報を適正に管理します。

事業の流れ

同意をいただいた場合に、主に次のことを行います。

  1. 氏名、住所、生年月日、性別、電話番号、世帯主名、避難支援を必要とする事由及び避難支援時の留意事項について記した情報を、調布市から、避難支援等関係者に提供します。
  2. 避難支援等関係者は、災害が起きたときに備え、この情報を活用します。
    なお、名簿情報は、災害時の避難支援の目的以外には使用できません。提供先には、災害対策基本法による守秘義務が課せられています。
  3. 避難支援等関係者は、災害が起きたときには、「避難情報の伝達」や、「安否確認」などの支援活動を行います。

(注)これらはあくまで避難支援等関係者が自身の安全を確保したうえで、可能な範囲で実施するものです。災害時に「必ず行われる」わけではなく、法的な責任や義務を負うものではありません。 

提出先

「避難行動要支援者名簿情報の提供に係る同意書」をダウンロードし、福祉総務課(市役所3階)に持参いただくか郵送で提出をお願いします。
また、提出している内容に変更がありましたら、「避難行動要支援者名簿同意確認記載内容変更届出書」をダウンロードし、福祉総務課(市役所3階)に持参いただくか郵送で提出をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 福祉総務課
電話番号:042-481-7101~2・7323
ファクス番号:042-481-7058
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。