「心理学で見る親子と夫婦の長い関係」(全2回)

2018年1月11日 登録

心理学で見る親子と夫婦の長い関係

世界屈指の長寿国である日本では、実親との関係は半世紀にも渡ります。近年増加する親子関係の諸問題を理解するために、児童期から成人期の親子関係について生涯発達心理学の視点から解説します。また夫婦間の関係性が与える子どもへの影響について解説します。さらに、コミュニケーションストレスを軽減するための1方法として、「自分も相手も尊重する」アサーティブネスの概念について解説します。

日程

  1. 2月15日(木曜日) 親と子の生涯発達心理学
  2. 3月1日(木曜日) アサーティブネスで円滑な家族関係作り

時間

午前10時から正午まで

会場

北部公民館 学習室

講師

  1. 小野寺敦子氏(目白大学教授)
  2. 寺地典子氏(NPO法人アサーティブジャパン認定講師)

定員

申込み順36人

申し込み

1月23日(火曜日)午前9時から北部公民館へ電話または直接窓口にてお申し込みください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 北部公民館
電話番号:042-488-2698
ファクス番号:042-488-2787

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。