若者向け悪質商法被害防止キャンペーン

2018年1月22日 登録

悪質商法に注意

最近の若者を狙う悪質商法では、SNS等を悪用した手口が増加しています。調布市では、東京都と連携して、若者への注意喚起や相談の呼びかけを実施しています。
誰もが悪質商法の被害に遭う可能性があります。被害に遭っても、恥ずかしがったり、自分に落ち度があると感じて、相談せずにあきらめてしまう人も多いようです。
困ったときは、ひとりで抱え込まずに、当センターにご相談ください。

若者を狙うこんな手口に注意

  1. 大学生に「イベントチケットを友人に販売したら儲かる」ともちかけ、契約をさせ、大学生が解約を申し出ると、高額な違約金を払えと脅す。
  2. SNSで「いろいろな方と交流したい」などと友人関係を作るのが目的のようなメッセージを送り、喫茶店等に誘い出し、投資のノウハウが収録された高額なUSBを購入させる。
若者向け悪質商法被害防止キャンペーンバナーの画像

特別相談「若者トラブル110番」を実施します

若者向け悪質商法被害防止キャンペーンの一環として、特別相談「若者のトラブル110番を実施します。
「勧誘がしつこく高額の商品を契約してしまった」「解約・返金したい」「身に覚えのない請求が来た」など、悪質商法の被害に遭ってお困りの方はひとりで悩まずに当センターにご相談ください。
相談専用電話 042-481-7034(相談、来所相談予約共通)

日程

平成30年3月12日(月曜日)、13日(火曜日)

時間

電話相談の受付 午前9時から正午、午後1時から3時30分
来所相談の受付 午前9時から正午、午後1時から3時(事前予約制)
(注)通常の消費生活相談もご利用できます。

場所

消費生活センター(市役所3階)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。