平和祈念事業 映画「ガラスのうさぎ」上映会

2018年6月15日 登録

主人公敏子がガラスのうさぎを持っている様子

映画「ガラスのうさぎ」を上映します(英語字幕付き)

調布の地にゆかりのある児童文学作家・高木敏子が自身の体験をもとに執筆した作品である。太平洋戦争末期の東京。敏子は、父、母、妹2人で両国に住んでいる。ガラス工場の社長さんである父が作ってくれた「ガラスのうさぎ」を見ながら、敏子は「うさぎのダンス」を踊ったりしていた。しかし、昭和20年3月10日、東京の上空に無数のB29が飛来、密集した木造家屋を焼き払うことで一般市民の大量無差別殺戮を目的とした大規模な焼夷弾爆撃が実行に移された。この爆撃で敏子たちの住む下町一帯は火の海となり、母と2人の妹もその犠牲となった。敏子は焼け跡から、炎で溶けて変形したガラスのうさぎを掘り出し、改めて戦争の恐ろしさを実感する。その後敏子は、父と2人で疎開先へと向かうのだが。
戦争の悲劇と平和の尊さを描いた作品です。

今年は英語字幕付きで上映します。外国人の方もお誘い合わせのうえ、ぜひご覧ください。

  • 出演 蛯名由紀子 長門裕之 長山藍子 大和田獏 ハナ肇 他
  • 監督 橘 佑典 
  • 原作 高木敏子「ガラスのうさぎ」
  • 制作年 1979年
  • 上映時間 1時間45分

日時(3回上映)

平成30年8月4日(土曜日)

  1. 午前の部
    午前10時30分から(10時開場)
  2. 午後の部
    午後2時から(1時30分開場)
  3. 夜の部
    午後6時30分から(6時開場)

会場

文化会館たづくり2階くすのきホール(定員各回500人まで)

チケット

小学生、中学生、高校生は前売り・当日300円
一般は前売り500円、当日700円

販売場所

調布市グリーンホールチケットサービス
文化会館たづくり1階インフォメーション
(注)窓口販売のみ。電話での予約はできません。

主催・問い合わせ先

映画「ガラスのうさぎ」上映実行委員会
代表 庄司 
電話番号 090-9011-6775

共催

調布市

後援

調布市教育委員会
公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団
調布市社会福祉協議会
生涯学習団体アカデミー愛とぴあ
調布市国際交流協会

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。