ひとり親家庭通信制高校卒業支援給付金

2019年1月23日 更新

サポート校の授業料・通学費の負担を軽減

調布市子ども・若者基金を活用し、ひとり親家庭の子どもが、通信制高校に在籍し、併せてサポート校に通学している場合、サポート校にかかる授業料と通学費の負担を軽減するための給付金を支給します。
この給付金は、ひとり親家庭の経済的負担を軽減することで、子どもが通信制高校を卒業することを支援し、卒業後の安定した社会生活の実現と福祉の増進に寄与することを目的としています。
給付金の利用を希望する方は、まずは母子・父子自立支援員にご相談ください。

対象者

対象は、市内在住3年以上のひとり親家庭の親で、次の要件を満たす方

  1. 通信制高校及びサポート校に在籍する20歳未満の子を同一世帯で扶養していること
  2. 離別・死別・未婚によりひとり親になった方
  3. 児童扶養手当受給中、または受給要件と同等の所得水準にある方 
  4. 通信制高校及びサポート校に在籍する子が、調布市子ども・若者総合支援事業の相談事業・居場所事業を利用すること

給付額

月額2万7千円(上限額)
(注)実費と給付金のいずれか低い金額を支給します。

事前相談

給付金の支給を受けるには、事前に母子・父子自立支援員との面談が必要です。

  • 予約制
  • 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日・年末年始の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

子ども生活部 子ども家庭課
電話番号:042-481-7093
ファクス番号:042-499-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。