深大寺鬼燈(ほおずき)まつりが行われる

2018年7月24日 登録

開催10周年

今年で10回目を迎える深大寺鬼燈まつりは、提燈に見立てたほおずきを並べ、精霊たちをお迎えする深大寺の夏の風物詩です。

鬼燈まつり会場入口の写真ほおずきで作られた「ハッピーゲート」の写真

ほおずきの屋台が並んでいる参道の写真ほおずきの屋台と深大寺本堂の写真

今年は7月20日(金曜日)から22日(日曜日)まで、深大寺境内や参道において、「ほおずき市」を中心に「手作り市」、「パフォーマンスライブステージ」、「物産展」、「調布よさこい」などさまざまな催しが行われました。

会場内は鬼燈を観たり、写真を撮ったりする方や出展した店舗を観たりする方の姿があり、中には浴衣姿の方も何人かいました。

ほおずきで作られたゲートを観ている来場者の写真ほおずきで作られたゲートの下で記念写真を撮影している来場者の写真

金魚すくいの写真「鬼り子うちわ」を販売している屋台の写真

鬼燈まつりを楽しむ来場者の写真屋台に並ぶほおずきの写真

主催の深大寺鬼燈まつり実行委員会の方にお話を伺ったところ、「この鬼燈まつりは、浅草寺が、10年前の屋根の葺き替えの年に、毎年行っているほおずき市の規模を縮小せざるをえず、浅草寺から深大寺にほおずき市をやりませんか、と話があった事がきっかけで始まりました。深大寺から私たちに話があり、最初の2年は深大寺からチラシ代などを出してもらい、運営していましたが、その後さまざまな企業や団体から協力してもらい、実行委員会の形で自立して運営できるようになりました。深大寺へはそのお礼として、竹垣を奉納し、今ではその総距離は500メートルから600メートルにもなります。今年も山門の周りの竹垣をきれいにする予定です。」と話してくれました。

木陰で涼を楽しむ来場者の写真参道に並ぶ出店の写真

関連動画

調布市動画ライブラリー(テレビ広報ちょうふ平成30年8月12日号)「深大寺鬼燈まつり」(youtubeサイトへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。