第36回調布市民スポーツまつりが開催される

2018年10月15日 登録

家族で楽しめる市民スポーツまつり

10月8日(祝日)に、味の素スタジアムとその周辺施設で、第36回調布市民スポーツまつりが開催されました。当日は家族で参加される方も多く、皆さんスポーツを楽しんでいました。会場内にはフードスペースもあり、スポーツをしてお腹が減っていたのか多くの方で賑わっていました。

味の素スタジアムの写真フードコートの写真

スタジアム内の写真いろんなスポーツ競技を行っている写真

自由参加アトラクション

ボッチャやネオホッケー、グラウンドゴルフ、フォークダンスなどに多くの人が集まっていました。また、「サッカーエリア」のFC東京キックターゲットでは、子どもたちが夢中でボールを蹴っていました。東京ドロンパのふわふわは人気があり、長蛇の列ができていました。また、タグラグビー体験に参加したお子さんは、ディフェンスを避け、トライ目指して笑顔で走っていました。

ボッチャを行う子どもの写真グラウンドゴルフを行う親子の写真キックターゲットをする男の子の写真

ラグビーボールをキャッチする女の子の写真フォークダンスを楽しむ女の子の写真

女子野球選手と会話する参加者の写真ふわふわドロンパの写真

ステージエリア

チアまつり、フラまつり、ラグビースペシャルステージなどが行われました。ラグビースペシャルステージでは、石井選手、池田選手、ラグビー女子日本代表の津久井選手の3名が来場してトークセッションを行っていました。

そのほか、調布市の有志で小児がんの子どもを救うため募金を行い、その贈呈も行いました。

チアダンスチームの写真フラダンスチームの写真

トークセッションを行うラグビー3選手の写真小児がん募金の贈呈式の写真

同時開催 アフラックスポーツガーデン

トップアスリートと一緒に体験できるコーナーの「走り方教室」では、北京オリンピック陸上日本代表の堀籠佳宏と長野オリンピック日本代表の青戸慎司さんが、参加者に家でもできる走り方の練習などを教えていました。

コンコースエリアでは、バブルサッカー体験、ラグビーボールスロー体験、健康チェックコーナーなど行れました。

バブルサッカー体験の様子の写真ラグビーボールスロー体験の様子の写真

健康チェックの様子の写真

TAMAスポーツまつり

東京都多磨障害者スポーツセンターでは、車いすバドミントンなど障害者スポーツの体験ができる、TAMAスポーツまつりが開催されました。参加者は実際に車いすに乗って障害者スポーツを体験することができる貴重な体験となった様子でした。

車いすバドミントンを体験する子どもたちの写真アキュラシーを体験する参加者の写真

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。