東京2020大会へ向けたテロ対策実地訓練を開催

2018年12月4日 登録

東京2020大会へ向けたテロ対策実地訓練を開催

11月29日(木曜日)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に備え、東京スタジアム(味の素スタジアム)周辺において、東京都と警視庁、大会組織委員会、東京消防庁、調布市が合同で、大規模なテロ対策実地訓練を実施しました。

訓練には、約500人が参加し、爆発物処理やけが人の救護、避難誘導の手順を確認しました。

東京スタジアムは、オリンピックのサッカー、近代五種、7人制ラグビーが開催されるほか、2019年ラグビーワールドカップにおいて、開会式、開幕戦を含む8試合が開催される予定です。

実地訓練の様子の写真爆発物の処理訓練の様子の写真

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部オリンピック・パラリンピック担当
電話番号:042-481-7581
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。