ごみの出し方を一部変更(平成31年4月1日以降)

2019年2月5日 登録

ごみの出し方を一部変更します(平成31年4月1日以降)

平成31年4月1日からごみの出し方を一部変更いたしますのでお知らせします。
3月までは現在のごみの出し方でお出しください。

汚れが落ちない容器包装プラスチックは「燃やせないごみ」から「燃やせるごみ」へ(平成31年4月1日以降)

汚れが落ちない容器包装プラスチックの画像

汚れが落ちない容器包装プラスチックの分別変更
項目名 平成31年3月まで 平成31年4月から
汚れが落ちない容器包装プラスチック 燃やせないごみ 燃やせるごみ

これまで、汚れが落ちない「容器包装プラスチック」は「燃やせないごみ」として収集してきましたが、汚れの原因が主に食品であることから、ご家庭での保管期間が長くならないよう、週2回収集の機会がある「燃やせるごみ」として収集することとしました。

注意点

  • リサイクルマークがないプラスチック製品本体は「燃やせないごみ」としてお出しください。
  • リサイクルマークがある容器包装プラスチックは、汚れを軽く洗い流すかふき取り、「容器包装プラスチック」でお出しください。軽く洗い流すかふき取っても汚れが落ちないものは、「燃やせるごみ」としてお出しください。
  • 食べ物などの内容物が残らず、表面に油が残っている程度でしたら「容器包装プラスチック」でお出しください。
  • 他のものが混ざらないようにお願いします(異物の混入が認められた場合は収集しません)。

枝・草・葉の無料収集を開始(平成31年4月1日以降)

枝のイラスト草・葉のイラスト

枝、草・葉の分別変更
項目名 平成31年3月まで 平成31年4月から
燃やせるごみ(有料の指定収集袋) 燃やせるごみ(ひもで束ねて出す)
草・葉 燃やせるごみ(有料の指定収集袋) 燃やせるごみ(透明か半透明の袋に入れて出す)

枝の出し方

  • 長さを40センチメートル未満にそろえ、直径30センチメートル程度の束にして「燃やせるごみ」の収集日にお出しください。太さが8センチメートル以上の枝は収集できません。
  • 1回につき5束まで収集します。大量に排出するときは、複数回に分けてお出しください。

草・葉の出し方

  • ビニール袋(透明又は半透明)に入れて、「燃やせるごみ」の収集日にお出しください。
  • 1回につき200リットル(45リットル相当の袋で4袋程度)まで収集します。大量に排出するときは、複数回に分けてお出しください。

注意点

  • 小規模事業所の「枝・草・葉」も、同程度の量を上限として無料で収集します。ただし、市にごみ収集の申出書を提出済みの事業所に限ります。
  • 他のものが混ざらないようにお願いします(異物の混入が認められた場合は収集しません)。
  • 道路や公園などの公共的な場所の清掃にご協力いただくときは、無料で配付しているボランティア袋をご利用ください。
    ボランティア袋(無料)の交付

モバイルバッテリーと電子タバコを有害ごみで収集(平成31年4月1日以降)

モバイルバッテリーのイラスト電子タバコのイラスト

モバイルバッテリーと電子タバコの分別種別
項目名 平成31年3月まで 平成31年4月から
モバイルバッテリー 民間による拠点回収 民間による拠点回収又は
有害ごみ
電子タバコ 小型廃家電拠点回収又は
燃やせないごみ
小型廃家電拠点回収又は
有害ごみ

モバイルバッテリー(注1)や電子タバコ(注2)などが「燃やせないごみ」などに混入し、リサイクル工場で発火する事故が急増しています。発火事故の防止のため、拠点回収又は有害ごみに出してください。
(注1)携帯電話やタブレットなどを充電する、持ち運び可能な充電器
(注2)加熱式タバコを含む

注意点

  • 有害ごみの収集日に出す場合は、カゴやバケツなどの容器に入れて出してください

シュレッダーごみの無料収集を開始(平成31年4月1日以降)

シュレッダーごみのイラスト

シュレッダーごみの分別種別
項目名 平成31年3月まで 平成31年4月から
シュレッダーごみ 燃やせるごみ(有料の指定収集袋) 資源物(ビンの収集日に透明か半透明の袋に入れて出す)

以前のクリーンセンターでは集積場所に屋根がなかったため、風でシュレッダーごみが散逸するおそれがあり、やむを得ず「燃やせるごみ」として収集していましたが、新たなクリーンセンター(調布市野水2-1-1)の稼働に伴い、建物内でシュレッダーごみを処理することが可能になりました。

注意点

  • ビニール袋(透明又は半透明)に入れて、ビンの収集日にお出しください。
  • 1回につき90リットル(45リットル相当の袋で2袋)まで収集します。大量に排出するときは、複数回に分けてお出しください。
  • 小規模事業所の「シュレッダーごみ」も、同程度の量を上限として無料で収集します。ただし、市にごみ収集の申出書を提出済みの事業所に限ります。
  • 他のものが混ざらないようにお願いします(異物の混入が認められた場合は収集しません)。

粗大ごみの持ち込み方法の変更(平成31年4月1日以降)

現行と4月以降の方法
期間  平成31年3月まで 平成31年4月から
申込先 クリーンセンター(業務係)
電話受付 042-306-8200
持ち込み先 調布市クリーンセンター(野水2-1-1)
(注)平成31年1月21日に移転しました。
調布市クリーンセンター(野水2-1-1)
持ち込み可能な日 月曜日から金曜日
(祝日、年末年始を除く)
月曜日から土曜日
(祝日も可。年末年始を除く)
手数料 利用した品目別に定める額
(注)特定廃棄物処理券のみ
1回の搬入重量10キログラム毎に300円(税込)
(注)現金のみ(特定廃棄物処理券は使用不可)

注意点

  • 戸別収集の方法は変更ありません。
  • 粗大ごみの予約は、持ち込む前日までにお申し込みください。
  • 予約は先着順です。
  • 持ち込める時間は、午前が9時から正午まで、午後は1時30分から4時30分までです。

関連動画

調布市動画ライブラリー(テレビ広報ちょうふ平成31年2月12日号)「ごみダイエット通信「4月1日から一部変更になるごみの出し方」」(youtubeサイトへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ対策課
電話番号:042-481-7811・7812/042-306-8200
ファクス番号:042-481-7814/042-368-9921
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。