深大寺で元三大師だるま市が開催される

2019年3月4日 登録

日本三大だるま市 春の到来を告げる風物詩

3月3日と4日に深大寺境内と山門周辺で、深大寺だるま市が開催されました。

深大寺だるま市は群馬県高崎市の高崎だるま市、静岡県富士市の毘沙門天大祭だるま市と並ぶ「日本三大だるま市」の一つとされ、江戸時代から続く、春の到来を告げる風物詩として広く親しまれています。

たくさん並ぶだるまの写真色とりどりのだるまの写真

3日は雨にもかかわらず、境内には、大きさも色も違うたくさんのだるまが並び、たくさんの人でにぎわいました。

欲しいだるまを探すご夫婦の写真熱心にだるまを見る子どもとその両親の写真

だるま市の外観写真盛況なだるま店の写真

大勢の人でにぎわうだるま店の写真雨の中傘を差しながら並ぶ来訪者の写真

深大寺は、願掛けの際に、だるまの左目に物事の始まりを表す「阿」の梵字を、願いが叶ったら右目に物事の終わりを表す「吽」の字を僧侶が入れることでも知られています。
開眼所には、僧侶に文字を入れてもらおうと、だるまを持った人の列ができていました。

開眼所に列をなしている様子だるまの目に文字を入れる僧侶の写真

お話を伺うと、だるまを買いに来た方の中には、沖縄から毎年来るという方がいたほか、だるまを販売している方の中には、先祖代々深大寺にだるまを売りに来て150年間になるという方もいました。
インタビューの様子はテレビ広報ちょうふ3月12日号で放送する予定です。
是非ご覧ください。

関連動画

調布市動画ライブラリー(テレビ広報ちょうふ平成31年3月12日号)「深大寺で元三大師だるま市が開催される」(youtubeサイトへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。