READY STEADY TOKYO- 自転車競技(ロード)

2019年7月4日 登録

READY STEADY TOKYO -自転車競技(ロード)が開催

内容

7月21日(日曜日)に東京2020オリンピック競技大会のテストイベントとして、自転車競技(ロード)が行われます。当日は約120人の選手が武蔵野の森公園からスタートし、都内8市(府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市)から神奈川県、山梨県を通過し、ゴールである富士スピードウェイ(静岡県)を目指します。

なお、当日は交通規制が行われます。大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。詳細は下記ダウンロードよりご確認ください。

自転車ロード競技とは

自転車ロードレースをひとことで表現すると「自転車版のマラソン」

ツールドフランスに代表される自転車ロードレースは、1896年の第1回アテネオリンピックはもちろん、その遥か前から行われているメジャースポーツです。一般的に自転車競技というと「競輪」を連想しますが、自転車ロードレースは一般公道などで200キロを超えるような長距離を走り、先頭でゴールラインを駆け抜けた選手が勝者となる持久力系のスポーツです。

自転車ロードレースは、個人競技でありチーム戦でもある

100名を超える選手たちが一斉にスタートして誰が一番はやくゴールにたどり着くかを競うシンプルな個人競技でありますが、実際には各チームが自チームの中で一番力のある選手を勝たせていくチーム戦となっています。
ルール上では個人競技、しかし実態はチーム戦というのがこのスポーツの大きな特徴といえます。

走るのは自転車だけではない

自転車競技というと自転車だけのレースと思われるかもしれませんが、審判車、ドクターカー、チームカー、収容車、救急車、セキュリティモト、スチールカメラ用モト、メディカルモトといった車両、オートバイが選手たちの前後で走り隊列をつくり進んでいきます。

自転車競技(ロード)は、東京2020オリンピック競技大会でも開催されます。迫力あるレースをぜひご覧ください。

大会名

READY STEADY TOKYO 自転車競技(ロード)

主催

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

競技日程

2019年7月21日(日曜日)正午スタート

競技会場

武蔵野の森公園から富士スピードウェイまで

交通規制

ダウンロードファイルをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 オリンピック・パラリンピック担当
電話番号:042-481-7447
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。