昭和の炊飯体験「ごはんのたき方の歴史としくみを知ろう!」

2019年7月2日 登録

実験装置の写真

昭和の炊飯体験「ごはんのたき方の歴史としくみを知ろう!」

電極式(でんきょくしき)炊飯器(すいはんき)を使ってごはんをたく実験をしながら、たき方の歴史やしくみを学びます。たいたごはんは試食してみましょう。

日時

令和元年7月28日(日曜日)午後2時から3時30分まで(受付1時30分から)

会場

郷土博物館会議室

講師

内田 隆氏(東京薬科大学生命科学部講師)
青木 孝氏(神奈川大学理学部主任教務技術職員)

対象

(注)小学3年生以下は保護者1人同伴

定員

25人(同伴者を含みます。多数抽選)

費用

無料

申し込み

往復はがき(1人につき1枚)に、住所、参加者(保護者を含む全員)の氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、体験名「昭和の炊飯体験」を書いて、7月16日(火曜日)(必着)までに、
182-0026小島町3-26-2調布市郷土博物館 へ郵送してください。
申込み多数の場合は抽選になります。結果は7月16日(火曜日)以降順次はがきにて通知します。

(注)体験の複数申込みはできません。
「子どもはくぶつかん「親子で楽しむ木工教室」」、「勾玉作り」、「土器のかけらで拓本体験」、「昭和の炊飯体験「ごはんのたき方の歴史としくみを知ろう!」」から1人1つのみ選んでください。
各体験の詳細は関連リンクをご覧ください。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。