市長コラム「手をつなぐ樹」第27号 新鮮屋

2003年12月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

新鮮屋

 数か月前に冷夏だと言っていたら、今度はどうやら暖冬模様。まったく今年は1年を通して異常気象である。季節感のあるご商売は、さぞかし苦労されていることだろう。
 姉妹都市の木島平村(註1)でも、昨年に比べて積雪が遅れているという。冬に木島平を訪れる大きな楽しみの一つはスキーである。1日も早く一面が銀世界になることを心から祈りたい。現在、木島平へはスキーバスが運行されている。ご家族あるいはお友だちと、「木島平の冬」を楽しまれてはいかがだろうか。
 また、木島平といえば10月28日、調布駅の西に位置する調布銀座商栄会の線路側角に「新鮮屋」(月曜日から土曜日午前10時から午後7時営業(註2))がオープンした。これは、木島平村が、四季を通して新鮮な農産物などを現地直送で調布市民に提供するために設けた、アンテナショップである。
 開店から1か月以上経過したが、売れ行きは好調とのことだ。近くに足を運ばれた際に、ぜひ一度、気楽に店を訪ねていただきたい。
 木島平村から派遣されている山嵜裕之店長を始めとするスタッフのにこやかな笑顔が皆様をお迎えするはずである。

調布市長 長友貴樹

(註1)昭和60年、教育・文化・スポーツ・産業など広く交流を図り、住民相互のふれあいと信頼を深めながら両市村の発展を図るため、長野県木島平村と姉妹都市盟約を結び、以来交流を深めている
(註2)12月31日から1月6日休業

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。