市長コラム「手をつなぐ樹」第09号 バイ調布運動の推進

2003年2月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

バイ調布運動の推進

 今からちょうど10年前に米国でバイ・アメリカンという名の法律ができた。その趣旨は、もっとみんなで自国製品を買いましょうというものだ。米国経済を発展させるためには、全国民が協力すべきであるという考え方に基づいている。
 日本経済の停滞が長期化している。収入の減少や将来に対する不安から、一人ひとりの財布のヒモが固くなるのも無理はない。その結果、商業活動全体がきわめて低調になっている。調布市においても、事情はまったく同様である。残念ながら事業の継続を断念される企業や商店があとを絶たない。
 そこで、市民の皆さんにお願いがある。今後、可能な限り調布市内で買い物をしていただけないだろうか。現在は、3割以上のものが市外で購入されている。市内購入により、調布全域の商店や流通業者を始めとした多くの方が潤うこととなる。そのために、さまざまな賞品や贈り物に市内共通商品券(註)を使っていただくことも有り難い。
 バイ・アメリカンにならってバイ調布(市内商品購入)運動を従来以上に強力に推進していこうと思う。たとえ一回ごとではわずかの努力でも、それが20万5,000市民全体に広がるとき、効果は絶大なものとなる。

調布市長 長友 貴樹

(註)バイ調布運動の一環として発行され、調布市商業協同組合(電話80-8080)の加盟店(約500店)での商品購入、飲食サービス等に利用できます。1枚500円でお釣りももらえます。

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。