市長コラム「手をつなぐ樹」第45号 痛ましい災害

2004年11月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

痛ましい災害

 10月23日夕方に発生した新潟県中越地震の被害はまことに甚大なものである。10月28日現在、死者32人、負傷者2211人、避難しておられる方が約10万人とのこと。復旧にはかなりの時間を要するとみられている。被災地の皆様に心からお見舞いを申し上げます。
 調布市としては、10月26日および28日の2回にわたり、12人の職員を現地に派遣した。食料品や生活必需品を届けることにより少しでも救援活動のお役に立ちたいとの思いだ。寒さも厳しさを増す折、今後とも可能な支援策を講じていく。
 また、先月は命の尊さを痛感する災害が調布市内でも発生した。10月15日未明の上石原における火災により、第三小学校6年生の奥田健児君が亡くなった。
 お仕事でご家族が不在の中でのできごとだったという。どんなに心細かっただろう、どんなにか怖かっただろう、と思うと胸が締め付けられる思いだ。「可哀想(かわいそう)」などという月並みな言葉では到底言い表せない。11年8ヶ月のあまりに短すぎた人生。弔問に伺い、健児君のあどけない写真の前で合掌させていただいたが、ご家族の心境をお察しすると、しばらく顔を上げることもできなかった。
 心からご冥福をお祈り申し上げます。

調布市長 長友貴樹

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。