市長コラム「手をつなぐ樹」第46号 休日窓口スタート

2004年11月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

休日窓口スタート

 先頃、新聞社が実施した行政サービス調査の結果が発表された。同調査は、子育て環境、高齢者福祉、教育、公共料金、住宅・インフラに関わる30項目について、全国の市区を対象に、サービスの度合いを点数化して優劣を判定するものだ。それによると、回答のあった683市区中、調布市は、第14位であった。一応、高評価とはいえるものの、東京およびその周辺の市区が軒並み上位にランクされる中にあって、調布市も周辺自治体に遅れをとらないように、ますます頑張っていかねばならないとの思いを新たにした。
 そのような中、試行ではあるが、11月28日の日曜日から市民課と国保年金課で休日の窓口開設がスタートする。この2課は、転出・転入届、住民票、戸籍謄・抄本、印鑑証明、国民健康保険、年金関係など、まさに市民生活の基盤を支える業務を担当している。
 今回の措置は、平日に市役所を訪れる時間が確保しにくい市民の方を中心に、以前から提出されていた要望におこたえしようとするものである。当面は、第2土曜日と第4日曜日の月2回の開設だが、利用度を詳細に把握しながら今後の業務拡大について考えていくつもりだ。ご意見をお寄せいただきたい。

調布市長 長友貴樹

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。