市長コラム「手をつなぐ樹」第41号 感動をありがとう

2004年9月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

感動をありがとう

 8月29日に閉幕したアテネ五輪は、日本国中に大きな感動の渦を巻き起こした。メダル数37、うち金メダル16個という、大会前の大方の予想を上回る好成績のおかげで大いに溜飲を下げることができた(連夜の寝不足は少しこたえたが)。
 水泳の北島選手の「ちょー気持ちいい」は、今年の流行語大賞の候補になりそうだが、ものおじしない現代の若者気質の良い面が、本番でも実力通りの結果を生み出す原動力となったのだろう。以前は国際舞台に弱い日本選手と言われたが、スキー複合の荻原健司選手あたりから、明らかに変わってきた。
 調布市から参加したシンクロナイズドスイミングの藤丸真世(みちよ)さんは見事に銀メダルを獲得した。快挙、本当におめでとう。また、野球チームを銅メダルに導いた中畑清ヘッドコーチ、サッカーに出場したFC東京の茂庭、今野、石川、徳永の4選手、大変お疲れさま。そして野球の審判員として日本から唯一参加された林清一さん、誠にご苦労さまでした。
 引き続き、9月17日からはアテネ・パラリンピックが始まり、調布市からは卓球に富岡成一さんが、ウィルチェアーラグビーに福井正浩さんが出場される。健闘を心からお祈りしたい。

調布市長 長友貴樹

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。