市長コラム「手をつなぐ樹」第29号 頑張れ受験生

2004年2月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

頑張れ受験生

 今年も受験の季節が到来した。
 その昔、ある地方に「15の春を泣かせはしない」と言った知事がいたことを思い出す。高校間格差をなくすことにより、どの公立高校にも同様に入りやすくして、中学生の受験戦争をなくしていこうという考えだった。
 それに対し、「競争を教えるのも教育」、「学力が低下して18の春に泣くのでは同じこと」といった反論も寄せられたという。
 人生においてつまずきを経験することの大切さも理解するが、立ち直るのは決して容易ではない。恥をさらけだすようだが、わが身の中学時代を思い出す。
 地元の高校に、中学のクラスメイトたちと肩を組みつつ進学するつもりが、自分の受験番号だけ見つからなかった合格発表。悔しさと恥ずかしさ。本当に辛かったなあ。三十数年前の記憶はかなり薄れたとはいえ、あの時の苦しさを忘れたことはない。
 その後の人生でも数多くの挫折があったが、人間がずうずうしくなってしまい、その時ほどのショックは受けなくなった。
 受験生諸君、どうか悔いの残らないように最後まで全力でチャレンジしてほしい。そして、残念ながら今回うまくいかなかった人にこれだけは言いたい。
 「人生には、まだまだいっぱいチャンスがあるよ」。

調布市長 長友貴樹

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。