市長コラム「手をつなぐ樹」第69号 今年の漢字は?

2005年12月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

今年の漢字は?

 早いもので、今年も残すところあと一月足らずとなってしまった。市民の皆様も悲喜こもごも、さまざまな感慨のもとに1年を振り返っておられることだろう。
 喉(のど)もと過ぎればなんとやらと言うが、想い起こせば昨年は水害、地震、津波と国内外で大きな自然災害が頻発した年だった。それを反映して、毎年、財団法人日本漢字能力検定協会が全国公募のもとに決定している世相を表す漢字は、「災」であった。
 さて、今年はどのような漢字が採用されることだろう。ちなみに公表が開始された95年以降03年までの漢字は、震・食・倒・毒・末・金・戦・帰・虎となっている。阪神・淡路大震災、O-157、大型倒産、毒物カレーなどを思い出す。総じて明るさを感じないのは私だけだろうか。
 05年も流行語の中には、刺客、敵対的買収、官製談合、鬼嫁など穏やかでない言葉も含まれている。しかし、今年はなんとか将来の明るい展望につながる字を選んでほしいものだ。
 先日、千葉県銚子市を出張で訪れた際、頑張って早朝に起床し眺めた日の出は本当に見事なものだった。
 真っ赤な火の玉に大いなる感動を覚えながら、「昇」や「望」といった漢字が脳裏に浮かんだが、皆さんはいかがでしょう。

調布市長 長友貴樹

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。