市の施設におけるアスベスト対策

2005年8月1日 登録

市の施設におけるアスベスト対策

社会問題となっているアスベスト(石綿)は、建物の断熱・耐火材などとして使用されていましたが、平成16年からは全面的に製造・使用が禁止されました。
市では、昭和62年の実態調査により、アスベスト使用施設における飛散防止対策を実施し、施設の安全性を確保してきました。
しかし、前回の調査から20年以上が経過したことから、再度、施設の安全性を確認し、適切な対策を講じるため、アスベスト使用状況や飛散防止対策の現状を調査しています。
今後この調査結果を踏まえ、飛散防止や除去などの対策を実施するとともに、施設の改修・解体工事に当たっては、万全の対策を講じていきます。なお、市内のアスベスト飛散対策は、「アスベスト飛散対策検討委員会」(環境部所管)を設置し、検討を進めています。

  • 問合せ
    営繕課 電話042-481-7429

アスベストによる健康被害

アスベストによる健康被害のご相談は、お近くのかかりつけ医にご相談ください。
また、東京都多摩府中保健所でも健康相談に応じています。

  • 東京都多摩府中保健所
    電話042-362-2334

アスベストに関する情報は外部リンクをクリックしてください

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。