国民健康保険をやめる手続き

2021年3月25日 更新

国民健康保険をやめるときは

やめる手続きは郵送または調布市役所本庁2階窓口で行います。

国民健康保険の資格喪失手続き(やめる手続き)は、自動的には行われません。

下の表をご覧になり、届出に必要なものを確認して、原則として14日以内にお手続きください。

やめる手続きに必要な届出書は、国民健康保険異動届のページからもダウンロードできます。

手続き方法と必要なもの

1 郵送でできる手続き

職場の健康保険に加入したときの国民健康保険をやめる手続きは郵送による申請が可能です。

郵送による手続きの場合の注意事項

  1. 個人情報を含む書類がありますので、特定記録郵便または簡易書留を推奨しています。
  2. 書類到着後、1か月程度で国民健康保険税更生通知書を送付いたします。ただし、4月から6月までの間に申請された方については、7月の上旬に納税通知書を送付いたします。
  3. お送りいただいた書類の返却はできません。
  4. 書類に不備がある場合は、喪失手続きができないため、返送させていただく場合があります。

次の書類を保険年金課資格課税係宛てにお送りください。

郵送手続きに必要なもの
必要なもの 備考・注意事項
国民健康保険異動届 国民健康保険異動届は以下よりダウンロードできます。
(注)世帯で一枚
職場の保険証のコピー やめる方全員分が必要
国民健康保険被保険者証 やめる方全員分が必要

送付先

郵便番号182-8511 調布市小島町2丁目35番地1 保険年金課資格課税係

2 来庁での窓口手続き

1以外の場合は来庁でのお手続きになります。次の必要書類を準備していただき、調布市役所2階保険年金課窓口でお手続きください。なお、転出の方は保険年金課での手続きは不要です。

  • 本人確認書類(注1)
  • 保険証(死亡したときは死亡者とその家族の分)
  • マイナンバーがわかるもの(注2)
  • やめる理由によって追加で必要なもの(下表参照)
やめる理由と必要書類
やめる理由 追加で必要なもの
ほかの市区町村に転出するとき なし
職場の健康保険に加入した、または被扶養者になったとき 職場の保険証または資格証明書(注3)
死亡したとき
(葬祭費を申請する場合の手続き方法については「国民健康保険加入者の葬祭費」のページをご覧ください)
なし
生活保護を受けることになったとき 生活保護受給証明書

(注1)本人確認書類は、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、その他官公署から発行された書類で、顔写真・氏名・生年月日・住所のあるもの
(注2)個人番号(マイナンバー)がわかるものは、個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号の記載のある住民票
(注3)職場の保険証または資格証明書は、国民健康保険をやめる方全員分の職場の健康保険の加入日がわかるものが必要です。

国民健康保険をやめたら保険証を返還

国民健康保険をやめる時は、市に保険証を返還してください。
職場の健康保険に加入した日、転出した日、または、生活保護開始日以降は調布市の保険証は使えません。医療機関にかかっている場合は、医療機関に保険証が変わったことを連絡してください。もし誤って調布市の保険証を使ってしまった場合は、後日、市が負担した医療費を返還していただくことになりますので、ご注意ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 保険年金課
電話番号:042-481-7054
ファクス番号:042-481-6442
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。