市長コラム「手をつなぐ樹」第79号 去りゆく夏に '06

2006年8月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

去りゆく夏に '06

 やはり今年の夏はかなり短く感じられる。平年より梅雨が長引き、7月の日照時間が少なかったせいだろう。猛暑が長期にわたれば、それはそれでうんざりするのだけれど、短い夏もまたやるせなさを禁じ得ない。
 そんな夏のせいだろうか、今年は蝉の鳴く声も途切れがちに聞こえてしょうがなかった。元来、蝉はあわれな境遇である。地上に出てくるまで10年近い歳月を費やしながら、成虫になったのちはわずか1週間の命だという。短い夏の中で、今年はその蝉の短命がことさら思われた。
 自分自身、ふと気がつけばいつのまにか人生も半ばを通り越した。最近は、時折むしょうに無常観にとらわれることがある。近親者や長い間身近に感じていた著名人が一人また一人と鬼籍に入っていく。好きな野球で見渡しても、三原、水原は言うに及ばず、杉浦、村山、皆川、大杉などがすでに故人であることがなんとなく信じられない。加えて戦後最高のスーパースターである長嶋、王も闘病生活を余儀なくされている。
 空き地で三角ベースに興じていた自分の過去が徐々に失われていくようで寂しいものだ。
 こんなことを思い始めるのは、秋が間近ということだろうか。

調布市長 長友貴樹

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。