市長コラム「手をつなぐ樹」第90号 日溜りの縁側で

2007年2月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

日溜りの縁側で

 今年は全国的な暖冬が続いている。記録的な、と言われればさもありなんと思わざるをえない。
 冬の日差しというと、私はなぜかいつも日溜りの縁側を思い浮かべる。ガラス戸越しの陽光を浴びながら、猫のように丸まって気持ちよくうたた寝をしていた幼児期。あれはいくつの頃だったろうか。
 先日、懐かしい友人に久しぶりに会った。この男と知り合ったのはもう50年近く前か。「三丁目の夕日」の時代に毎日暗くなるまでボールを追いかけた仲だ。話しだせばその頃にタイムスリップして、大声で笑い合いながらいつまでも話題は尽きない。
 会う機会もほとんど無いままに、お互い社会に出てから約30年。その間、彼は10年ほど発展途上国の工事現場に単身赴任だったとか。明るく語るがさぞかし苦労したことだろう。
 「家庭はどうだ」と問われ、少し考えて、「まあ平凡かな」と答える。結婚してから引越しは5回。その間に3人の子どもの成長を喜びつつも、高齢な親が本当に気がかりになってきた。
 ただそれにしても、今さらながらにあっという間の25年。銀の祝いと言われても、きわめて実感に乏しい。これからの人生はもう少しゆっくりと感じられるのだろうか。はてさて。

調布市長 長友貴樹

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。