調布市防災市民組織

2019年6月22日 更新

災害対策の3本柱を御存知でしょうか?
一つは、「自助」自分の命は自分で守る、家族の命を守るというものです。
二つ目は、「共助」近くにいるひとで助け合うというものです。
三つ目が、「公助」行政による事前対策や発災対応、復旧などです。

大規模な災害が発生した場合には、行政等の防災機関がひとつひとつの被害に対応することが難しくなります。その際に必要なのが、自助・共助による「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神です。
災害をなくすことはできませんが、みんなが協力することで被害を小さくすることはできます。

このような地域の協力体制づくりのために、市では「防災市民組織」の結成を呼びかけ、各種活動や防災用品購入などのための補助金を交付しています。その他にも、地域訓練や研修会、地域での話し合い、防災館体験学習などを行っています。防災市民組織の結成については、総合防災安全課に御相談ください。

新たに防災市民組織を結成する方々

結成時の御案内

書類を提出してください。

  1. 防災市民組織結成届出書(所定書式)
  2. 防災市民組織役員名簿(任意様式)
    任意で組織の役員(会長・副会長・会計等)を決めてください。
  3. 防災市民組織の規約(任意様式)
    規約については下記の規約案を参考に作成してください。

補助金申請の御案内

下記の記入例を御確認のうえ、次の書類を作成し提出してください。

  1. 調布市防災市民組織補助金交付申請書(第1号様式)
  2. 防災市民組織補助金に係る事業計画書(所定書式)
  3. 補助金交付請求書(第3号様式)
  4. 振込先口座届(所定書式)
  5. 委任状(所定書式)
    振込口座名義が防災市民組織代表者と異なる場合は、提出をお願いします。
  6. 振込口座の名義が確認できる通帳の写し

既に防災市民組織を結成している方々

補助金申請の御案内(2回目以降)

記入例を御確認のうえ、次の書類を作成し提出してください。

  1. 調布市防災市民組織補助金交付申請書(第1号様式)
  2. 防災市民組織補助金に係る事業計画書(所定書式)
  3. 補助金交付請求書(第3号様式)
  4. 振込先口座届(所定書式)
  5. 委任状(所定書式)
    振込口座名義が防災市民組織代表者と異なる場合は、提出をお願いします。
  6. 振込口座の名義が確認できる通帳の写し

実績報告書提出の御案内

記入例を御確認のうえ、補助金の交付を受けた会計年度の3月末日までに提出してください。

  1. 防災市民組織補助金に係る実績報告書(所定書式)
  2. 支出した経費すべての領収書の写し

組織名称や代表者を変更する場合

記入例を御確認のうえ、次の書類を作成し必ず提出してください。

  1. 調布市防災市民組織名称変更届(所定書式)
  2. 調布市防災市民組織代表者変更届(所定書式)

補助金申請の流れについて

申請時期

原則、毎年度4月を申請期間としています。この時期に申請書を提出していただきます。

補助金交付時期

申請書を御提出いただいてから、おおむね1ヶ月後に補助金を交付します。

補助対象経費

補助金の交付を受ける会計年度内の支出経費を補助金の交付の対象とします。

また、対象となる経費は、防災のための各種訓練実施に要する経費や防災用品の充実を図るために要する経費などに限ります。

実績報告書提出期間

補助金の執行内容を報告していただく期間です。補助金の交付を受けた会計年度の3月末日までに提出してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。