固定資産税・都市計画税の算出方法

2021年1月20日 更新

固定資産税

毎年1月1日(賦課期日といいます)現在に、土地・家屋・償却資産を所有されている方にかかる税金です。
そのため、年の途中で売買、相続等による所有権移転をしたり、家屋を新築又は取壊しをされても、その年度中は、納税義務者及び税額は変わりません。税額は、課税標準額×税率(1.4パーセント)で算出します。土地と家屋については、原則として3年ごとに評価の見直しを行います。土地については、地価公示価格の7割程度を目途に総務大臣の定める評価基準に従い評価替えが行われます。

都市計画税

毎年1月1日現在に、土地・家屋を所有されている方が固定資産税と一緒に納める税金です。納められた税金は、都市計画事業(道路・公園・下水道など)に使われます。税額は、課税標準額×税率で算出します。

都市計画税の税率は、地方税法により0.3パーセントを超えない範囲で各市町村の条例で定めることとしています。
調布市の特例税率は、平成30年度から令和5年度までは0.24パーセントです。

このページに関するお問い合わせ

市民部 資産税課
電話番号:042-481-7205~9
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。