市長コラム「手をつなぐ樹」第97号 さわやかな国際貢献

2007年7月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

さわやかな国際貢献

 今年も、JICA(註)の青年海外協力隊に応募して諸外国に派遣される調布市在住の若い方々が渡航前に市役所に挨拶に来られた。私にとっても、目を輝かせて対発展途上国協力に臨まれる皆さんとの対話は毎年の楽しみだ。
 今回の3人の赴任国は、それぞれフィリピン、ラオス、ジンバブエ。活動内容は教育カリキュラム策定、養殖技術指導、孤児救済活動支援と多岐にわたっている。
 私自身も前職において、対先進国事業だけでなく途上国協力にも従事した経験がある。その中で、世界の隅々まで日本の多くの若者がたくましく出かけて行って当該国の発展のお手伝いをするさまを現地で大変好感を持ってみつめてきた。本当に頭の下がる活動だが、概して彼らの表情が明るいことが強く印象に残っている。困難なことも多いだろうにたいしたものだ。
 ただ、私は彼らを送るときにあえて「頑張って」と言わないようにしている。任地での活動がそんなにたやすいものでないことを知るがゆえに、悩みすぎて精神的に参ってしまうことを心配するからだ。うまくいかないときには空を眺めて、海に身をゆだねてリラックスを。身体に気をつけて行ってらっしゃい。

調布市長 長友貴樹

(註)ジャイカ。独立行政法人国際協力機構の略称。日本の発展途上国支援事業実施機関。青年海外協力隊は、20代から30代の日本人による在外技術協力事業。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。