市役所でできる年金請求手続き

2020年12月28日 更新

市役所で受付ができる年金の請求手続き

  1. 第1号被保険者期間のみの方の老齢基礎年金及び老齢年金生活者支援給付金の請求
  2. 初診日が20歳前または第1号被保険者期間の方の障害基礎年金及び障害年金生活者支援給付金の請求 
  3. 遺族基礎年金及び遺族年金生活者支援給付金の請求
  4. 寡婦年金の請求
  5. 障害基礎年金・遺族基礎年金・寡婦年金受給権者の死亡に伴う未支給年金の請求
  6. 死亡一時金の請求

(注)第1号被保険者期間とは、自営業、無職、学生などの期間で、国民年金に加入していた期間をいいます。
(無職であっても、20歳以上60歳未満の方がサラリーマンである夫や妻の扶養になっていた期間は、「第3号被保険者期間」です。)

(注)初診日とは、障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師等の診療を受けた日をいいます。同一の病気やけがで転医があった場合は、一番初めに医師等の診療を受けた日が初診日となります。

(注)現在、年金の請求に使用する住民票は、個人番号(マイナンバー)の記載されていないものが必要です。

代理で手続きを行う場合は、委任状が必要です。 

次の関連リンクをご参照ください。

その他の年金請求手続き

年金事務所で受付を行います。
(共済年金についても、一部について年金事務所で手続きができるようになりました。)

   日本年金機構 府中年金事務所 お客様相談室
   電話番号 042-361-1011 自動音声案内「1」次に「2」 

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 保険年金課 国民年金係
電話番号:042-481-7062
ファクス番号:042-481-6442
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。