市長コラム「手をつなぐ樹」第108号 ゴールを目指して

2008年2月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

ゴールを目指して

 1月27日、少し肌寒いが澄みきった青空のもと、第52回調布市民駅伝競走大会が開催された。
 半世紀以上の歴史を重ね、調布の冬の風物詩としてすっかり市民生活に溶け込んだレースには、世代を超えて約1000人にも及ぶランナーが参加した。ただ、安全上の問題もあり、無制限に参加を認めるわけにはいかず、今年は約50チームの方にお断りをすることになった。残念だが、なにとぞご了承いただきたい。
 また、今年は中継所が調布南高校から布田小学校に変更となったが、大きな混乱もなく終了することができた。大会開催にご尽力いただいた数多くの皆様に深く感謝を申し上げます。
 一本のたすきにこめた熱い思い。中継所に入ってきて、誰の目からも疲労困憊(こんぱい)のランナーが必死になってたすきをつなぎ終えた時、観衆から思わず安堵のため息がもれる。団体競技の厳しさとチームワークの素晴らしさを目の当たりにする。
 ただ、個人競技も大変だ。同日に行われた大阪国際女子マラソンで、意識を失い何度も転倒しながら倒れこむようにゴールにたどり着いた福士選手。根性と言うような月並みな言葉ではとても言い表せない精神力。そこにも何かを学ばねばと思った。

調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。