市長コラム「手をつなぐ樹」第109号 日本最高賞を受賞

2008年2月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

日本最高賞を受賞

 2月5日付けの前号でも報告させていただいたが、このたび調布市が第3回優良ESCO事業の評価審査において金賞を受賞した(註)。
 現在、全国で官民合わせてきわめて多くの事業所が省エネルギー事業に積極的に取り組む中で、今年度最高賞に値する唯一の事業所として認定されたもので誠に光栄なことである。また、平成17年度に本表彰制度が設けられて以来、金賞を獲得した初めての自治体である点も嬉しい限りだ。
 また、今回の受賞は、事業実施を担当した東京電力を中心とする民間企業の成果でもある。委託企業の選定に当たっては、当然のことながら十分な時間をかけて慎重な検討を行ったが、本当に素晴らしい結果がもたらされ感謝に堪えない。心からの謝意を表すために東京電力にご連絡したところ勝俣社長にお会いできることとなり、早速感謝状を贈呈させていただいた。
 今年、日本が議長国を務める先進国サミットは7月上旬に北海道洞爺湖で開催されるが、メインテーマは地球環境問題とされている。その年の年頭に調布市の環境対策が日本一の評価を得たことはきわめて意義深い。今後も市民の皆様とともに、1年を通して環境問題全般について考えていきたい。

調布市長 長友貴樹

(註)ESCO事業とは事業所ごとの省エネルギー対策。市では、地球温暖化対策の一環として本庁舎と文化会館たづくりで、夜間電力の昼間空調への転用などに取り組み、これらが経済産業省所管の財団法人省エネルギーセンターに評価された。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。