市長コラム「手をつなぐ樹」第119号 調布から金メダル

2008年8月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

調布から金メダル

 8日に開会式を迎えた北京オリンピックにおいて、日本選手団初の金メダルを獲得したのはなんとわが調布市在住の内柴正人選手(男子柔道66キログラム級)であった。私もテレビの前で快哉(かいさい)を叫んだが、世界の頂点に立つという快挙に心からお祝いを申し上げたい。前回のアテネ五輪に続く連覇だが、その間のたゆまざる努力は驚嘆に値する。
 今大会にはほかにも多くの市内在住もしくは活動拠点を調布に有する選手が出場している。7月18日には、そのうち参加可能な選手にお越しいただいて壮行会を開催した。柔道の中澤さえ選手、卓球の水谷隼選手にFC東京の梶山陽平、長友佑都両選手。さらには、調布市民ということで、福田富昭日本選手団長および木名瀬重夫女子レスリングコーチにも加わっていただき盛大な催しとなった(註)。
 中澤選手は、市内の布田小および三中に通いながら柔道を続け、市民体育大会にも出場されていたそうだ。今年も同大会の開会が近づいてきたが、このように身近な場から世界を極めようとするトップアスリートが誕生したことは、あとに続く人たちのおおいなる励みとなることだろう。
 本稿が活字になる時点でのさらなる朗報を期待したい。

調布市長 長友 貴樹

(註)上記以外に競泳に出場する岸田真幸選手が調布市在住でアクラブ調布所属(現在はアリゾナ大学に留学中)。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。