市長コラム「手をつなぐ樹」第121号 うたかたなれば

2008年9月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

うたかたなれば

 8月末の雷雨はすさまじかったが、皆さまはどのようなひと夏を過ごされたでしょうか。
 わが家には今夏、私の両親が上京してきた。母は6年ぶりになる。つかの間の滞在は良い思い出となっただろうか。私はともかく3人の孫との会話では楽しそうにしていたが。
 宮崎に帰る前日になって、急に二人とも以前住んでいた家を訪れてみたいと言い出した。歳も80代後半となり、このような機会はもう最後になるかもしれない。妻と二人で同行した。幸い小川のほとりの家は今も存在していたが、さすがに空き地が点在した周囲の景観はまったく様変わりしていた。20数年の月日の重さをあらためて痛感する。
 我々のあとに移り住まれたご夫妻がご在宅だったことは本当に幸運だった。先方も私どもをよく覚えておられ、ご親切にも家に招き入れて下さった。
 どの部屋にも、そしてたとえ一本の柱にも思い出が沁みついている。住み始めた時、私は大学に入ったばかり。親もまだまだ若かった。家族とのさまざまな喜怒哀楽の情景が走馬灯のように浮かんでは消えていく。
 ふと気がつけば、今や私もちょうどあの頃の親の年齢。うたかたのふれあいと思えば、なおさら家族はいとおしい。そんな思いを胸に帰路についた。

調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。