市長コラム「手をつなぐ樹」第122号 力を合わせてスポーツ振興

2008年10月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

力を合わせてスポーツ振興

 秋の深まりとともに、市内でもスポーツ関連の行事が目白押しとなってきた。
 毎年感じることだが、その中でも地域運動会の開催はわがまちの誇りと言えよう。近隣の自治体によっては同様の催しが困難となっているそうだ。調布市における地域ごとの温かさを末永く大事にしていかねばと思う。
 また、先日は同じ日に二つの武道大会を拝見した。近藤勇杯争奪少年剣道大会と調布市民体育祭参加のなぎなた競技会。伝統ある武道らしくいずれも競技に先立って基本動作の型が披露された。礼を尊ぶ姿勢は好ましく、かつ流れるような所作が美しい。
 武道のすばらしさに触れるとともに、基本の大切さを再認識する思いがした。確かな基本にもとづく反復が技術向上の唯一の道であることは言うまでもない。ただそれが難しい。スポーツでも芸事でも「開眼(かいげん)」したと思える瞬間は多々あるが、あぶくのようにその感覚が消え失せるのはなぜだろう。
 同じく武道で、北京オリンピック金メダリストの調布市民、内柴正人選手にスポーツ栄誉賞(註)を贈呈させていただくこととなった。今月13日13時に、お時間のある方は味の素スタジアムの「市民スポーツまつり」にぜひ参加いただきたい。

調布市長 長友 貴樹

(註)オリンピックやパラリンピックに出場し、第3位までに入賞した市民に授与する賞。過去には、アテネオリンピック  シンクロナイズドスイミング競技で銀メダルを獲得した藤丸真世氏が受賞している。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。