市長コラム「手をつなぐ樹」第127号 たとえ牛歩のごときでも

2008年12月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

たとえ牛歩のごときでも

 今年も残すところ十日あまりとなりました。皆様にはどのような1年だったでしょうか。
 市の嬉しいニュースとしては、まず3月に市政に長年貢献していただいた漫画家水木しげるさんに対して名誉市民の称号を贈らせていただきました。そして、8月の北京オリンピックにおいては、市内在住の内柴正人選手が日本選手団第1号の金メダルを獲得されました。
 その反面、悲しい出来事もありました。4月に市職員大福康代さんが凶悪な殺人事件の被害者となり、弟さんとともに尊い命を落とされました。また、11月には現職の市議会議員鈴木正昭さんが急逝されました。心からご冥福をお祈りいたします。
 その他、多くの市民のご協力をいただいた案件としては、5月の不発弾処理があげられます。電車や車の通行を停止させた上で1万6,000人にも及ぶ市民の皆様に避難していただくという未曾有の大プロジェクトとなりましたが、重病の入院患者の搬送を含めて無事に事態を収拾することができました。あらためて深く感謝申し上げます。
 大変厳しい現今の経済状況の中でも、市としては来年にかけて一歩一歩着実に前進するための方策を講じてまいります。皆様、どうか良いお年をお迎え下さい。

調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。