市長コラム「手をつなぐ樹」第132号 1割お得な商業振興

2009年4月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

1割お得な商業振興

 3月26日から、政府が支給を決めた定額給付金の申請書を世帯ごとに郵送しております。もうお手元に届いているでしょうか。受け取られたご家庭は、内容をご確認の上、必要事項を記入して調布市あて返送いただくようお願いします。
 ご存知のように、この給付金支給については、昨年来、国会においても賛否両論かまびすしい議論が展開されました。私は、それらの論争を聞きながら、確かに各家庭がこのお金を家庭内に置く、いわゆる「たんす預金」として扱っては日本中の経済活性化に役立たないと思いました。
 そこで、商業従事者を中心に、多くの市民の皆様に相談させていただいた上で、この機会に市内共通のプレミアム(割り増し)商品券を販売することにいたしました。21万9000人の調布市における定額給付金の総額は実に約32億円に達します。そのうち少しでも多くのお金が市内消費に費やされることを心から期待しています。それにより給付金事業がより大きな意味を持つことになると考えます。
 本ページで説明している通り、1割お得になる商品券を4月24日以降、お一人10万円まで購入することができます。市内商業振興のために是非とも多くの方に協力いただきたいと存じます。

調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。