市長コラム「手をつなぐ樹」第139号 ご協力に支えられて

2009年7月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

ご協力に支えられて

 7月1日から調布飛田給郵便局で行政サービスの代行業務が始まった。近隣の方は市役所まで足を運ばなくても、同郵便局で住民票や印鑑証明等を入手できるようになったわけだ。市内では調布仙川郵便局についで2番目のサービス開始となる。郵便局オーナーの野口平一さんおよび郵便局長であるご子息の康平さん始め関係者の皆様の温かいご理解に基づくもので心から感謝申し上げたい。
 開始日の始業前に私も現地に伺って、証明書発行のシステムについて説明を受けていたのだが、9時きっかりに入ってこられたお客様がいきなりそのサービスを希望されたのには驚いた。これからも利用者は増えることだろう。
 そして、見学を終えて帰ろうとしていたら野口オーナーから「農業体験ファーム(註)も見ていきませんか」とお誘いを受けた。喜んで郵便局のはす向かいにある農園にお邪魔した。現在はなすやとうもろこしを栽培しており、それらを収穫したあとには大根などを植える予定とのこと。どれだけの入園者が土に触れ農作物を丹精込めて育てることを楽しみにされていることか。
 行政を支えていただいている市民の方が多いことを改めて痛感した。本当に有難いことだ。

調布市長 長友 貴樹

(註)農家の指導を受けながら、野菜を中心に、作付けから収穫までの一連の作業を体験できる農園。現在、市内に4園(国領町に2園、深大寺東町、飛田給)を開設している。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。