市長コラム「手をつなぐ樹」第142号 感動を応援歌に乗せて

2009年9月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

感動を応援歌に乗せて

 雲は湧き光あふれて、と多くの野球ファンが口ずさむ夏の高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」が、恋する人を念頭に作詞されたことをご存知だろうか。
 私がこの歌を覚えた昭和30年代の小学生の頃、昭和23年の全国公募に当選した作詞者は加賀道子さんとなっていた。しかし、現在は加賀大介作詞となっている。実は、公募時に加賀大介さんが、愛する婚約者の高橋道子さんの名前で応募した作品が見事全応募作5252篇中1位となり、その後長い間、道子さんの名前が世に知れ渡ることになったのだ。その間にお二人はめでたく結婚されたわけだが、その事情を知る時、栄冠が輝く「君」とは高校球児であるとともに道子さんであったとも思えてくる。
 今年も閉会式で、決勝に残った2チームがこの歌が流れる中、場内を一周した。中京の破壊力は群を抜いていたが、それに対抗して無心に球に向かう時、奇跡は起こりうる。あっぱれ日本文理。それに加え、準決勝の最終回2死1塁、岐阜商の代打、古川選手が放った1点を返す左中間2塁打。今大会初めて出場した場面での殊勲打に、感極まって彼が2塁ベース上で流した涙。結局2対1で武運はつたなかったが熱い思いは全国に伝わった。感動の余韻に観衆も温かい。「来年また来いよ」。

調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。