女性職員の登用

2010年3月1日 更新

内容要旨

調布市街地デザインコンセプト素案説明会に参加した方からその内容を聞きました。
活発な質疑が行われていたようで、喜ばしいことですが、数人おられた説明側の市職員がすべて男性だったそうです。
議会において施策立案、説明責任を有する側には女性がごくわずかと聞いています。
私事になりますが、私が預かる社内では、女性がプロジェクトを立ち上げ、女性の登用を図っておりますが、社内の活性化への波及効果があると感じております。
こうした事案は、トップダウンで行われない限り効果は現れにくいものと思います。
市長のご見解を伺いたいと思います。

市の回答

女性職員の登用に関しては、組織の活性化や人材育成の面だけでなく、ワークライフバランスの取り組みと合わせて考えていかなければならないと思っております。
現在、調布市では、特定事業主行動計画の実践を進めておりますが、この計画では主に子育て環境の整備として、子育てに関連する制度の周知、妊娠から出産における支援、子育て中の職員への支援など、今まで女性職員にとって障害になると考えられる職場環境について、両立できる風土を確立していくことを目指しております。
また、女性職員の登用の考え方としましては、国における男女共同参画基本計画(第二次)の中で、2020年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度になるように期待する。との目標を掲げておりますので、これを踏まえた取組を行っており、平成20年4月1日現在、女性職員の管理職への登用については、全体の13.48%の割合となっており、昨年の同時期と比べ着実に上昇しております。
今後も積極的に女性職員の登用をはかるため、ワークライフバランスの取り組みも重視しながら、目標値に到達できるよう女性職員の管理職への登用に取り組んでいく所存です。

担当部署

総務部人事課 電話042-481-7355(直通)

回答作成日

平成20年11月
(注)内容はすべて回答作成日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民相談課
電話番号:042-481-7032
ファクス番号:042-441-1199
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。