Q学生の市民税・都民税の申告(平成28年9月)

2016年9月29日 更新

内容要旨

昨年度まで、調布市に住んでいました。平日は、仕事で連絡が出来なく、休日は、電話が通じなかったので、メールで失礼します。市民税・都民税の申告についてという封筒が届き、市民税・都民税の申告をしてほしいとのことですが、昨年度は学生で働いておらず、所得を証明するものがありません。その場合、どうしたらよいでしょうか。

市の回答

ご質問いただきました、市民税・都民税の申告ですが、メールにございました、学生で働いていないという状況でもご申告をお願いいたします。申告をいただくことで、正式な課税資料となり、課税証明書や所得証明書の発行をすることができるようになります。また、この課税資料は、国民健康保険の基礎資料としても必要となりますので、仮に収入がゼロの場合でもご申告をお願いします。申告方法ですが、いただいたメールの条件のみということでしたら、申告書の表面の住所・名前等太枠内をご記入いただき、後は裏面の最下段11の「収入のない期間があった方は、次の該当する欄へ記入してください。」の該当する項目へのご記入をお願いします。
以上、2項目の記入で申告書の内容は完成となります。後は、名前の横に印鑑(認め印)の押印をお願いします。なお、申告書は、郵送でも受け付けておりますので、申告書が完成されましたらお手紙に同封しました住所・担当者宛にご送付くださいますようお願いいたします。

担当部署

市民部市民税課 電話 042-481-7193から7197(直通)

回答作成日

平成20年12月
(注)内容はすべて回答作成日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民相談課
電話番号:042-481-7032
ファクス番号:042-441-1199
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。