Q海外出国中の市民税等納税について教えてください(平成28年9月)

2016年9月29日 更新

内容要旨

  1. 市民税
  2. 国民健康保険税について、ご相談させていただきたく、ご連絡申し上げます。

今年1月下旬より、海外出張にて日本を離れております。約1年間程度日本を離れることになるかと思われます。その間の市民税等の控除があれば申請したいと思うのですが、いかがでしょうか。ご教示いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

市の回答

  1. 市民税について
    お問い合わせありがとうございます。お尋ねにつきまして、市民税・都民税に関して市民税課から回答させていただきます。市民税・都民税(住民税)は該当する年度の1月1日時点でお住まいの区市町村にて、前年中の所得について課税されます。
    今年の1月から海外にお住まいとのことですので、その年度の市民税・都民税につきましては調布市に納めていただくこととなります。
    市民税・都民税は6月に課税されますので、1月から5月に出国される方は、納税管理人の申告をしていただく必要があります。6月から12月に出国される方は、市民税・都民税を完納されるか、もしくは納税管理人の申告をお願いいたします。
  • 翌年度の市民税・都民税について
    海外居住期間が1年を超える場合には日本では課税されません。この場合、住民票などについて海外転出の手続きをお執りになっていれば、課税は発生いたしません。なお、海外居住期間が1年を超えない場合は帰国日が翌年1月1日以降であっても課税が発生いたします。

担当部署

市民部市民税課 電話042-481-7193から7197(直通)

市の回答

  1. 国民健康保険税について
    日頃から、国民健康保険事業について、ご理解、ご協力いただきまして、ありがとうございます。ご質問ですが、国民健康保険は、調布市に住民登録があり、ほかの健康保険に入っていない方にご加入いただくものです。
    したがって、国民健康保険に加入するには、調布市に住民登録があることが必要です。住民登録はどのようにされているでしょうか。1年以上海外へ赴く場合は、国外転出の手続きができます(この手続きは市民課で行います。)。海外出張される際、国外転出の手続きをされている場合、国民健康保険は出国日の翌日で切れており、国民健康保険税もその月からかかりません。国外転出の手続きがされていない場合は、国民健康保険に加入したままとなり、国民健康保険税もかかります。なお、平成28年1月から12月までの間にお支払いいただいた国民健康保険税は、平成28年分の確定申告の社会保険料控除に含めることができます。また、お勤め先の健康保険にお入りの場合は、お勤め先のご担当の方にお問い合わせください。
    ご不明なことがありましたら、担当部署までお問い合わせください。

担当部署

福祉健康部保険年金課 電話042-481-7054(直通)

回答作成日

平成28年9月
(注)内容はすべて回答作成日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民相談課
電話番号:042-481-7032
ファクス番号:042-441-1199
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。