市立図書館のコピーサービスの利用

2010年3月1日 更新

内容要旨

図書等のコピーをしょうとすると、備え付けてあるノートに住所、名前など記入させている。他、区市などでは行っていない。やめるべきだ。無駄ではないか。やめれば市民サービスの向上になるのではないか。何故、行っているか。

市の回答

調布市立図書館では、法令の定めにしたがい、資料複製に係る手続きをお願いしています。

著作権法第31条で、公共図書館では、一定の範囲の中で、著作権者の許諾を得ることなく、利用者の求めに応じて複製することができると定められており、これを受けて調布市立図書館条例施行規則第11条では、「図書館資料の複製物の提供を受けようとする者は、図書館資料複製申請書(第1号様式)により申請しなければならない」と定められています。

このように法令の範囲で図書館利用の利便性を考慮した結果、現状のコイン式複写機を設置し、コピーサービスを実施していますので、どうぞ法令の趣旨をご理解願います。

なお、当館ではノートでなく、上記「図書館資料複製申請書」に資料名、複製部分、枚数、申請者名(住所は不要)をご記入いただいています。

他自治体図書館の複写申請受付は、それぞれの自治体の責任において実施していると思われますが、調布市では上記の法律及び条令規則等にしたがって実施しておりますので重ねてご理解、ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

担当部署

図書館 電話042-441-6181(直通) 

回答作成日

平成21年1月
内容はすべて回答作成日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民相談課
電話番号:042-481-7032
ファクス番号:042-441-1199
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。