市長コラム「手をつなぐ樹」第157号 便利にはなったけれど...

2010年5月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

便利にはなったけれど...

 携帯電話は、現在わが国にどれほど存在するのだろう。家族の数より多いご家庭も少なくないと聞く。
 便利であることは疑いない。ついこの間までは、屋外にいる者同士が連絡を取り合う手段は無かったのだから。しかし、便利さに甘えているうちに、逆に機械を通して人間が束縛され、貴重な時間を浪費して日々の生活に余裕を失いつつある傾向も生じてきたのではないだろうか。
 電車に乗った時などに痛感する。用途はさまざまだろうが、周囲を見渡しただけで携帯を操作する人のなんと多いことか。この、携帯が登場する前と比べて飛躍的に増加した情報のやり取りの一体何割が必要欠くべからざるものなのだろう。
 その一方、もしもう少し早くこのような時代になっていたらどうだっただろうと想像することも確かにある。あの日あの時に携帯があったなら人生が変わっていたに違いないと思う方もきっとおられるのだろう。
 ただ、ときにうまく会えないこともあるから、待ち合わせに今以上の感激があったのかもしれない。「君の名は」の数寄屋橋のすれ違い(と言っても分からない方のほうが多いのだろうが)がもう永久にあり得ないことになんとなく味気なさを感じるのは私だけだろうか。

調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。