入間川水位警報機

2010年5月14日 登録

入間川に水位警報機を2箇所設置しました

設置にあたって

近年では地球温暖化等を原因とする異常気象により集中豪雨や台風の被害が全国的に増加しています。入間川は、平成17年9月4日の集中豪雨の際に氾濫し、周囲に床上浸水を含む多くの被害をもたらしました。このような状況を受けて、入間川については、河川管理者の東京都が現在分流計画を進めておりますが、市としても近隣住民の方に水位の上昇を速やかにお知らせするため水位警報機を設置しました。
この警報機は入間川の水位が2メートル及び2.5メートルに達した際に、警報音を鳴らすとともにランプを点灯して危険をお知らせするものです。

警報機の概要

  • 設置箇所

第1設置地点 東つつじヶ丘2丁目21番地 西野川から見て約10メートル下流の右岸
第2設置地点 若葉町1丁目8番地 実篤記念館前の水路がクランク状になっている個所

  • 警報機の概要

川の側面に設置した水位センサーと隣接した支柱に固定した回転灯及び警報機から構成されます。水位が2メートルで黄色、2.5メートルで赤色のランプが点灯するとともに、警報音が鳴ります。(入間川の天端(高さ)は、水位系設置点で約3メートル(302センチ)です。)
また、この情報は即時に市役所にも伝達されます。

西野川下流に設置した水位警報機の写真

  • 第1設置地点 東つつじヶ丘2丁目21番地 西野川から見て約10メートル下流の右岸

実篤記念館前に設置した水位警報機の写真

  • 第2設置地点 若葉町1丁目8番地 実篤記念館前の水路がクランク状になっている個所

水位警報機の水位計カバーの写真

  • 水位系は金属パイプで保護されています。(底に穴が開いていて水が通る仕組みになっています。)

警報機のアップ写真

  • ランプとスピーカーのアップ

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。