市長コラム「手をつなぐ樹」第163号 今こそ力を合わせて

2010年10月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

今こそ力を合わせて

 FC東京が本当に心配な状況となってきた。9月末時点で10試合連続、勝利から遠ざかっている。J1における順位は18チーム中16位で、このままでは来季、下部リーグのJ2に降格しかねない(註)。
 顧みれば平成に入り、東京(現名称 味の素)スタジアム建設計画が進展する中で、プロサッカーチーム誘致の機運が高まり、多くの関係者のご努力の甲斐あって、調布市民とFC東京の極めて良好な関係が築かれてきた。
 今回、あらためて調布市内のさまざまな催しにおける、FC東京のみなさんの協力状況を調べてみた。その内訳は、花火大会、駅伝競走、商工まつり、子供向け行事、福祉事業などまことに多岐にわたり、最近1年間では総数60以上にも達している。加えて、平成16年にはナビスコカップの優勝賞金の一部を市に寄付していただいた。それを主な原資として設置したのが市立第三中学校の夜間照明だ。
 調布市にこれだけ大きな貢献を果たしてきたチームが、10年前のJ1昇格以来最大のピンチに直面している。
 FC東京はわが調布市の大きな宝である。残るは9試合。今こそ苦しみを分かち合い、難局を乗り切る支えとなれるようシーズン終了まで全力で応援を続けたい。

調布市長 長友貴樹

(註)J1の下位3チームは、J2の上位3チームと自動的に入れ替え。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。